四国の西南端に位置する高知県土佐清水市は、古くからの漁師町。足摺半島の近海は、日本で最初に、黒潮が陸地に最も近づく海域で、資源が豊富な漁場です。土佐の清水さば(ゴマサバ)やメジカ(宗田鰹)といった市を代表する魚のほか、アジ、トビウオ、キハダマグロなど、水揚げされる魚の種類も多種さまざま。その黒潮育ちの幸を、手軽でおいしい食材に。こだわりは、素材の高鮮度と漁師町の食文化。土佐清水元気プロジェクトは、生産者や漁協などと連携し、生産者も食べる人も元気になる産地発の「食」づくりに取り組んでいます。

下ノ加江冷凍センター

下ノ加江冷凍センター

本社敷地内の大岐冷凍センターに加え、下ノ加江にも冷凍センターを構えています。下ノ加江漁港へ水揚げされたメジカ(ソウダガツオ)を、鮮度を落とさないように素早く箱詰め。マイナス35度の急速冷凍庫で急冷し、保存しています。

土佐の清水さばとは

土佐の清水さばとは

足摺沖に棲息する瀬付きのゴマサバのこと。土佐清水では、立縄漁法で一尾一尾釣りあげ、鮮度を落とさずに漁港に水揚げしています。

詳しくはコチラ>>

販売商品